転職率について
2017.03.10

介護介護士への転職は、条件によってはそれほど難しくはありません。介護の仕事の多くは専門職としての経験や、知識・技術が必要とされますので、よりいい条件で転職しようお考えであれば、ご自身の知識や技術の研鑽に努める必要があります。わかりやすい例でいえば経験や知識・技術の証明として資格があります。介護関連の資格は実に沢山あります。介護福祉士や社会福祉士などの国家資格が代表格ですが、それ以外にもケアマネジャーや介護事務などの資格もありますし、福祉用具に関わるような資格もあります。

介護業界にどう関わるかは人それぞれだと思いますが、やはり介護士として活躍される方が一番多いのではないでしょうか。介護士としてより良い職場を探すのであれば、介護福祉士の資格は必須と言っても言い過ぎではありません。介護職の求人を見ればわかる事ですが、条件のいい求人の場合大抵は「介護福祉士のみ」と記載されています。

介護の事業所の質は、職員の質で決まると言っても過言ではありません。それは、施設においても同じです。施設の場合、設備で差別化を図っているケースもありますが、最終的には施設の質も介護士の質で決まってしまいます。その為、介護業界では経験豊富で優秀な人材はとても貴重であり、どの事業所も優秀な人材に定着してもらうために試行錯誤しています。未経験の方を雇って、教育を行い一人前に育てるためには、時間もお金も沢山必要になります。だからこそ、いい事業所を運営したければ「介護福祉士」のみで運営すればいいという事になります。介護士が優秀であれば、事業所の評判も上がり働く上でのモチベーションにもつながりますし、レベルの高い取り組みを行うことも出来ます。あくまでも傾向の話ですが、未経験者を雇っている場合はその分レベルが落ちますし、働く上でストレスを感じる事も多くなると思います。とはいえ、介護福祉士になるためには3年以上の実務経験が必要です。介護福祉士の資格をお持ちでない方は、まずは介護福祉士の資格を取得して、その上で転職した方が理想の職場に出会える確率が高くなるのではないでしょうか。

介護士以外の職種への転職においても、介護士の経験は必ず何らかの役に立ちます。これからの日本は今以上に高齢社会になります。どのような商売においても高齢者を無視できないのではないでしょうか。これから先の日本では、介護士としての経験や知識・技術がさまざまな業界においても転職する際にプラスに働くのではないでしょうか。

▲ ページトップへ